1855

1855年8月27日、ブランド創設者である「ハミルトン・カーハート」は、医師であった父・ジョージ カーハートと母・レファ ジェーンの子として、New Yorkのウエスト・ウォルワースで誕生。

1882-1884

ハミルトン・カーハートは27歳の時(1882年)に、最初のビジネスとなる衣料品の卸売業をスタートさせる。その2年後の1884年には家具や手袋の卸業会社「ハミルトン・カーハート&カンパニー」を米国ミシガン州デトロイトに設立した。

1889

デトロイトは1830年代から輸送、造船、製造業が年々成長を遂げており、ハミルトン・カーハートはデトロイトの労働者に向けたワークウェアを製造することを決意する。やがて1889年になると、社名を「ハミルトン・カーハート・マニュファクチュア」とし、わずか4台のミシンと5人の従業員でワークウェアの生産をスタートさせ、最初のプロダクトとして丈夫なダック地とデニムで作られた「オーバーオール」を世に送り出した。これが今日まで続く「Carhartt」ブランド誕生の瞬間となった。しかし、船の帆やテントにも使われていた丈夫な素材を用い、擦れや破れにも強く、労働者にとっては頼れる製品であり、デトロイトとサザン・ミシガンは労働者の数が増加していたのにも関わらず、Carharttのビジネスはなかなか軌道に乗らなかった。

ハミルトン・カーハートは徹底的に製品づくりを見直し、当時ミシガン州の労働人口の多くを占めていた、鉄道員たちのニーズに応える仕立ての良いプロダクトを生み出すため、鉄道技師に製品改良のためのアドバイスを求めた。そして、デニムまたは12オンスのコットンキャンバスを用い、優れた耐久性(トリプルステッチ、銅のリベット、ボタンホールの強化)と、極上の着心地(ワイドレッグス、サスペンダー、特許を取得したビブ・デザイン)を併せ持ち、定規やペンチといった工具用ポケットや、ハンマーループを備えたオーバーオールを完成させた。そしてこのCarharttのオーバーオールはアメリカンワークウェアのアイコンとなっていった。

1910

産業の成長とともに、Carharttもプロダクツのクオリティを向上させ、新たなマーケティング戦略を駆使しながら着実に成長を遂げ、1910年には8つの縫製工場と2つの紡績工場を抱えるまで事業を拡大するようになり、社名も「ハミルトン・カーハート・コットンミルズ」へと変更。この頃のCarharttは当時"カー"と呼ばれていた路面電車と、ミシガン州を含むアメリカ合衆国中西部"ハートランド"をブランドの名に掛けて、通称「ハートマーク」と呼ばれるロゴを使用していた。

1923-1925

1923年にはブランドの象徴的なアイテムであるブラウンのダック地を使用したカバーオールを発表し、今日までほぼ形を変えず展開している。そして1925年には、オーバーオール、シャツ、パンツ、シューズ、ハンティングウェアなど、様々なワークウェアを製造するようになる。

1930's-1960's

1920年代から1930年代にかけてCarharttも綿花恐慌と経済恐慌のあおりを受けることになり、一時的に業務縮小を余儀なくされた。1937年、創設者のハミルトン・カーハートは妻とともに交通事故により他界(享年82歳)。1940年代に入ると第二次世界大戦の影響による物資統制が実施され、Carharttの製品にもリベットを用いないアイテムや、ロゴ刻印のない月桂樹柄ボタンを使用したアイテムなどが販売された。

全米自動車組合が組織されていた1935年から1960年頃まで、ワークウェアのタグには「UNION MADE(ユニオン・メイド)」という言葉が記されていた。"ユニオン"とは労働組合を意味し、当時のアメリカで労働組合は大きな影響力を持っており、自動車産業に限らずどんな組合も組合を否定するような企業が作る製品は購入しないようにと組合員に指令を出していた。ワーカーたちは自分たちと同じ立場の人間が作った製品を求め、商品に縫いつけられた「UNION MADE」のタグがそれを見分ける方法となったのである。当時Carharttは製品を購入した人々に、無料でカレンダー付きの手帳を配布していた。手帳の扉には〈アメリカの労働者諸兄へ〉という呼びかけが記されており、自分たちより上の世代の人々が、様々な困難を乗り越えて獲得してきた労働者の団結を讃え、さらにCarhartt社は常にワーカーたちとともに歩んできた会社だと綴られていた。

1966年、現在世界中で広く認識されている、通称「Cロゴ」をブランド・ロゴとして発表。このお馴染みのロゴは、豊かさを表すシンボルである「コーヌコピア(豊穣の角)」と呼ばれる、ギリシャ神話に登場するゼウスに乳を与えたヤギの角がモチーフとなっている。

1970's

1971年にはジーンズの製造にも乗り出し、初の子会社「Carhartt South」社を設立。1970年代は時代の流れを読み、プロダクツ・コンセプトである〈耐久性、品質、フィット感、着心地の良さ〉を維持しながら、ワーカーだけでなくより多くの人たちが着用できるカジュアル・テイストのアイテムの販売をスタートさせる。

1989

1989年に大きな節目となるブランド設立100周年を迎える。この年に製造されたアイテムのタグやボタンには、「100 YEARS 1889-1989」の文字が施され、100周年の記念として白頭鷲をモチーフにしたスペシャルワッペンも製作された。

1990's-2010's

Carharttは米本国では時代を問わず労働者にとって欠かすことのできないワークウェアであるが、90年代に入るとタフでリーズナブルなCarharttのプロダクツは数多くのHIP HOPアーティストに受け入れられ、ストリートウェアの代表的ブランドとしての地位も確立。同時にヨーロッパや日本でもカジュアル・ウェアとして高い人気を集めていく。1997年には満を持してデザインやシルエットをより現代的にアレンジした、ヨーロッパ発のカジュアル・ウェア・ライン〈Carhartt WIP〉をスタートさせる。Carharttブランドは更なる進化を遂げ、ファッション・ブランドとしてもワールドワイドにその名が知られていくようになる。そして、クラブミュージック、アート、スケートボードなど、様々なサブカルチャーを積極的にサポートしていく。Carhartt WIPは歴史と伝統あるワーク・ウェアをルーツとし、アーバン・ライフスタイルにフィットする革新的ブランドとして世界中で親しまれている。